[F1]ウィリアムズ、来季のドライバー変更なし

ウィリアムズは2011年もバリチェロ、ヒュルケンベルグでのぞむようです。
ドイツ誌『Auto Motor und Sport(アウトモートア・ウント・シュポルト)』が報じているように、ウィリアムズはルーキーのニコ・ヒュルケンベルグに長期的な投資を考えている一方、38歳のルーベンス・バリチェロのパフォーマンスにも満足しているという。

「ルーベンスなしではとてもやっていけない」とチーム共同オーナー兼代表を務めるフランク・ウィリアムズ卿も語っている。
(バリチェロ、ウィリアムズ残留へ | Williams | F1ニュース | ESPN F1より)
ということで、今年は例年より早い時期にシートが埋まっていきそうです。
フェラーリ、マクラーレン、メルセデスGP、レッドブルといったトップチームも、2011年のラインアップは不動だ。
ロバート・クビサはルノーにとどまる可能性が高い。
今年のルーキー、ヴィタリー・ペトロフもすでにシートを維持するのに十分な働きを見せているが、彼の場合はスポンサーシップマネーの流れを維持することも重要だ。
(バリチェロ、ウィリアムズ残留へ | Williams | F1ニュース | ESPN F1より)
ルノーのシートを得るにはペトロフのロシアンマネー以上のスポンサーを引っ張ってくるか、それを上回るネームバリューを持つドライバーかに絞られそうですね。
キミ・ライコネンの名前も上がっていますが、キミが今のルノーで満足するとも思えないしなぁ・・・。

なにはともあれまだシーズンは途中です。
小林可夢偉には結果を残して、有利な条件でストーブリーグを進めて欲しいですね。

バリチェロ、ウィリアムズ残留へ | Williams | F1ニュース | ESPN F1
ウィリアムズ、2011年のドライバー変更はなし 【 F1-Gate.com 】
ウィリアムズ、2011年もドライバーラインアップ維持 | ウィリアムズ | F1 TopNews | F1トップニュース | F1 Live 速報 2010

コメント

このブログの人気の投稿

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて

稗田神社の鵤屋台を見てきました