[F1]二重ディフューザは禁止の方向に

2009年の開幕時、ブラウンGP、ウィリアムズ、トヨタが使用して物議をかもした二重ディフューザですが、2011年には禁止される方向のようです。
情報筋は、現在ダブルディフューザーを完全に禁止するためにF1レギュレーションの変更が進行していることを明らかにした。

昨年後半、FOTAのテクニカル・ワーキング・グループの会議でダウンフォースレベルの削減が話し合われ、ダブルディフューザーを禁止するために規約を変更することで合意したという。

現在は、規約の抜け穴によってダブルディフューザーを使い続けることができないよう言い回しの整理が行われているとみられている。
その後、規約変更案はFIAのテクニカル・ワーキング・グループに回され、2011年のレギュレーションに盛り込むかの承認を受けることになる。

ダブルディフューザー禁止によるダウンフォースの削減によって、マシンは1周つき1秒遅くなると見積もられている。

ただし、大部分のチームがダブルディフューザーの禁止を支持しているが、いくつかのチームは2011年に向けてギアボックスやリアサスペンションを含めたリアエンド全体を再設計するには高額なコストがかかるとして不満を持っているとされている。
(F1:2011年からのダブルディフューザー禁止を検討 【 F1-Gate.com 】より)
これがF1の歴史ですねぇ。
レギュレーションの抜け穴を見つけ、他のチームを出し抜くが数レース経過すると、全チームが模倣する。
それでもって、明らかなアドバンテージが発覚するとFIAが禁止する。

なんにせよ、グレーなものは消えるべきだと思います。
ただ、レギュレーションの抜け穴を探し、すばらしいアイデアが生まれることも事実なので、そのあたりのバランスが難しいでしょうなぁ。

F1の二層ディフューザ、2011年から禁止へ : F1通信
F1:2011年からのダブルディフューザー禁止を検討 【 F1-Gate.com 】
F1キンダーガーテン : ダブルディフューザー禁止へ2011年法改正

コメント

このブログの人気の投稿

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて

稗田神社の鵤屋台を見てきました