[F1]画像で見る2010年の規約変更

2010年のF1マシンの外観はどうなるんでしょうか。
その疑問がF1通信さんに正面、側面、上部からの比較画像つきで紹介されています。

正面の比較

2010年マシンは、幅の狭いフロントタイヤ(1)および給油禁止により要求される大きな燃料タンクを収納するために必要な幅の広いリアボディワーク(2)のため、2009年マシンとははっきり異なって見えるだろう。
昨年導入されたスリックタイヤのおかげでフロントとリアのグリップの不均衡に対応するためスリムになったフロントタイヤは、タイヤとシャシーの間隔を広げるので、この部分の空力学的重要性がさらに高まるだろう。
したがって、ここには興味深いエアロ部品が登場すると予想される。
(2010年の規約変更: 2009年/2010年 フロントの比較 : F1通信より)
側面の比較

2010年の給油禁止は競技規約の変更であるが、技術的関連もある。
燃料タンクの容量(2)は約120ℓから少なくとも235ℓにほぼ倍増し、マシンの裁定重量は605kgから620kgに引き上げられた。
大きなタンクを収容するため、マシンのホイールベースは約15cm拡大する可能性が高い(3)。
さらなる2010年の変更としてホイールカバー(1)も禁止された。
これは主として、給油が禁止されたので非常に短時間になるであろうピットストップ中の問題を回避するためである。
ピットストップ時間は4秒未満になると推測されている。
(2010年の規約変更: 2009年/2010年 側面の比較 : F1通信より)
上部の比較

2010年の変更は、おそらく上から見た場合が最も顕著である。
給油禁止の結果、燃料タンク(4)は長く幅広くなるだろう。
ホイールベースはこの大きなタンクを収容するため、2009年より約15cm長くなる可能性が高い(6)が、チームはその延長を最低限にするために、ドライバーをやや前に移動する(3)、あるいは短いギアボックスを製造する(5)かもしれない。
フロントでは幅の狭いフロントタイヤ(2)のために操縦特性とマシンの重量配分が変わり、ドライバーはコックピットからフロント・ウィングのフラップ角度(1)を調整できる。
(2010年の規約変更: 2009年/2010年 上から見た比較 : F1通信より)
ということで、燃料給油禁止が大きく作用し、やや大柄なマシンになるということでしょうか。
今後、続々とマシンが発表されると思うので、これらのことを覚えておくと、面白いかもしれませんね。

2010年の規約変更: 2009年/2010年 フロントの比較 : F1通信
2010年の規約変更: 2009年/2010年 側面の比較 : F1通信
2010年の規約変更: 2009年/2010年 上から見た比較 : F1通信

コメント

このブログの人気の投稿

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて

稗田神社の鵤屋台を見てきました