復活のガンダム

お台場で披露され惜しまれつつ解体された実寸大ガンダムですが、静岡で再び大地に立つようです。
アニメ「機動戦士ガンダム」の放映30周年を記念して、今年7月に東京・台場に展示された高さ18メートルの等身大ガンダムが来年7月、静岡市葵区のJR東静岡駅前に移設されることが22日、関係者への取材で分かった。
ガンダムを所有する「バンダイナムコホールディングス」(東京都品川区東品川)と招致した静岡市が年明けにも正式に発表する予定。

移設は、日本最大のプラモデル生産地である静岡市が、同社側に働きかけて実現した。
ガンダムは現在、解体された状態だが、静岡に運ばれ、再度組み立てられる。

移設場所は、イベント会場などに使われていた同区長沼の市有地(約2万5千平方メートル)で、近くを通過する東海道新幹線の車窓から展望できることなどから、選ばれた。平成22年7月~23年5月まで展示され、その後はいったん他県で展示した後、さらに、近くの「バンダイホビーセンター」(同区長沼)敷地内に移設される計画。
(等身大ガンダム 静岡で再び大地に立つ - MSN産経ニュースより)
何処かで再公開されると踏んでいましたが、静岡ですかぁ。関西には来ないんですかねぇ。
お台場での公開には行けなかったので、休みが取れたら見に行こうかなぁ。

等身大ガンダム 静岡で再び大地に立つ - MSN産経ニュース

コメント

このブログの人気の投稿

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて

稗田神社の鵤屋台を見てきました