[F1]USF1の開発状況

参戦が危惧されているチームの一つであるUSF1ですが、ファクトリーでの開発状況をYoutubeで公開しています。
2010年のF1参戦に関して疑問視されているUSF1だが、ファクトリーでの作業風景を動画で公開。
F1マシンのモノコックが初めて公開された。

動画では、がらんとしてファクトリーに機材が詰め込まれ、パーツやマシンを開発をしていく様子が撮影されている。
シャーロットにあるこのファクトリーは、以前はNASCARのジョー・ギブス・レーシングが使用していた。

スポーティンディレクターを務めるピーター・ウィンザーは最近、すでにシャシーは完成しており、現在はエンジン供給元であるコスワースにあるとコメントしている。

ホームページでは、30近くのパートナー企業が掲載されておりF1計画は順調のようにみえるが、そこにチャド・ハーリーのYouTubeのロゴがないことが気になるところ。
(USF1、F1マシンの開発状況を公開 【 F1-Gate.com 】より)
ということで着々と準備は進んでいるようです。
Youtubeのロゴがないと言う事は、裏方に徹するということなんでしょうか。
また、ドライバーは未だ正式な発表はなし。
クリスマスまでにはホセ・マリア・ロペスとの契約が発表されるとのことでしたが・・・。
果たしてオールアメリカンを目指すUSF1はF1への航海を始めることができるのしょうか。



USF1、F1マシンの開発状況を公開 【 F1-Gate.com 】

コメント

このブログの人気の投稿

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて

稗田神社の鵤屋台を見てきました