[F1]FIA、2010年F1レギュレーションの改訂版を発表

FIAは2010年F1レギュレーションの改訂版を発表しました。
2010年、テスト制限はさらに厳しくなり、週末に複数回エンジンを交換するドライバーはさらなるグリッド降格ペナルティを受ける。
ピットのスペースは、チーム間で平等に割り当てられる。

新たな変更には以下のものが含まれる:
  • ドライバーにレース後、タイム加算ペナルティを科す方法を変更。
  • チームが実施する空力学的テストの日数を8日から6日に縮小。
  • チームは空力学的テスト1日をフルスケールの風洞テスト24時間に変更してもよい。
  • F1経験のないドライバーを起用するチームは、カレンダーに記載されていないトラックでのテストを実施することができる。
  • 新しい条項により、ピット・スペースは「厳密に平等に」割り当てられる。
    このスペースは2010年新チームの追加により、圧迫されるだろう。
  • チームはピットレーンでマシンを持ち上げるために動力装置を使ってはならない。
  • タイヤ・ウォーマーは合法であるが、新しい条項は加熱部品はタイヤの表面にしか作用してはならないとしている。
  • チームがタイヤをテストする方法に対する新しい制限が加わる。
  • 週末中、さらに2基のエンジンを使用するドライバーは、そのレースと次のレースでグリッド10番降格ペナルティを受ける。
  • フォーメーションラップを低速でスタートし、指定されたスターティング・ポジションからスタートできないドライバーは、ピットレーンからレースをスタートしなくてはならない。
  • セイフティ・カー出動中は、ドライバーはマシンに表示される指定ラップタイムより遅く走行しなければならない。
(2010年F1競技規約: 改訂版 - テスト、エンジン、セイフティ・カーの規約など : F1通信より)
ということで、かなり細かいところまで手が入ったようですな。
ちなみに予選はQ1では8台脱落、Q2で8台脱落。Q3でトップ10のグリッドを争います。
エンジンは1シーズン8基のルールは継続され、1レースで2回エンジン交換をした場合の罰則が追加された格好です。
これだけ細かく規定を作ってもどこかに抜け穴はあるんでしょうなぁ・・・。

2010年F1競技規約: 改訂版 - テスト、エンジン、セイフティ・カーの規約など : F1通信
FIA、2010年F1レギュレーションの改訂版を発表 【 F1-Gate.com 】
2010年のルール変更 - Formula 1 関連ニュース - GPUpdate.net

コメント

このブログの人気の投稿

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて

稗田神社の鵤屋台を見てきました