[F1]新コンコルド協定が合意、紛争に終止符が

FIAはWMSCの承認を受け、新コンコルド協定が締結されたことを発表しました。
長きに渡ってのFIAとFOTAの紛争にようやく終止符が打たれました。

FIAマックス・モズレー会長は7月31日夜、2009年コンコルド協定に調印。
FIAとF1参戦チーム、F1商業権保有者の3者間でコンコルド協定が締結されると、チームには参戦を継続する義務が発生するが、F1興行収入の分配を受けることになる。
今回の新コンコルド協定の締結によって、FIA F1世界選手権は2012年末までの安定を約束されることになった。
(F1キンダーガーテン : 新コンコルド協定が合意より)
ということで、ファンを無視した闘争がようやく終わります。
FIAの声明をF1通信さんから引用しておきます。
コンコルド協定
2009年8月1日

世界モータースポーツ評議会(WMSC)の承認を受け、昨夜FIA会長マックス・モズレーが2009年コンコルド協定に署名し、FIAフォーミュラワン・ワールドチャンピオンシップは新たな安定期を迎えた。

FIA、F1の商業権保有者、参戦チーム間の契約であるコンコルド協定は、チームのチャンピオンシップ参戦の基礎と商業的成功における分配金を規定する。

またWMSCは、一部改正された(2010年以降のチャンピオンシップに適用される)競技規約と技術規約を承認した。
FIAとチームもこれに同意しており、間もなくFIAのウェブサイトに発表される。

2012年12月31日まで有効な新コンコルド協定は、1998年コンコルド協定の方式を継続するものであり、各種決定は作業部会や委員会が下し、それに対して全チームが投票権を持ち、その後WMSCで承認を受ける。

さらに2009年6月24日パリで合意されたように、チームはリソース制限協定を結んでいる。
これは支出を1990年代初期のレベルに戻すことを目的をしている。

2009年コンコルド協定とリソース制限協定が調印され、FIAはFIAフォーミュラワン・ワールドチャンピオンシップの安定繁栄期を期待している。
(コンコルド協定成立: FIA公式プレスリリース : F1通信より)
2010年のレギュレーションも決まったようで、間もなく発表されるようです。
また、コスト削減に関しても1990年初頭レベルへの回帰も明記されたようです。
これで2012年までF1が存続することが決まりました。
2013年に再び分裂の危機が訪れないように、FIAもFOTAもしっかりとしたF1像というものを見定め、安定したグランプリを運営して欲しいですな。

F1:新コンコルド協定が合意 【 F1-Gate.com 】
F1キンダーガーテン : 新コンコルド協定が合意
F1 : コンコルド協定に署名、F1紛争に終止符 | F1トップニュース速報2009 | F1-TopNews
コンコルド協定成立: FIA公式プレスリリース : F1通信
FIA、新F1コンコルド協定の成立を発表: FMotorsports F1
Formula 1 関連ニュース: 新コンコルド協定が締結 - GPUpdate.net Formula 1

Concorde Agreement - FIA Press Release

Technoratiのタグ : , , ,

コメント

このブログの人気の投稿

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて

稗田神社の鵤屋台を見てきました