[F1]FIAとFOTA、分裂回避で合意

FIAのマックス・モズレー会長が「FIAとFOTAは離脱シリーズを回避する同意に達した」と述べたようです。
ついでのマックス・モズレー氏は次回の会長職に立候補しないことに同意したようです。
「分裂はない。コスト削減で同意した」

「F1チャンピオンシップはひとつだが、2年以内に支出レベルを1990年代初期に戻すことを目指す」

危機解決のためにパリにFIAのメンバー120人が参加した会議のあとでバーニー・エクレストンは「常識が勝って非常に嬉しい」と語った。
(マックス・モズレー 「FIAとFOTAは離脱シリーズを回避する同意に達した」 : F1通信より)
とうことで、バーニー・エクレストン氏も一安心というところでしょうか。
モズレーは、4期目のFIA会長職が10月に終われば退任することに同意したようで、フェラーリとFOTAのチーム(マクラーレン、BMWザウバー、ルノー、トヨタ、レッドブル・レーシング、トロ・ロッソ、ブラウンGP)などに対する法的措置も棚上げされた。

パリのBBCスポーツの特派員ジェイムズ・マンローは
「FOTAが木曜日、ボローニャで離脱チャンピオンシップの計画を話し合う予定だったことを考えると少し意外だ」と伝えた。

「しかし今日、世界モータースポーツ評議会の会議のあとに重要な記者会見があり、モズレーは分裂はない、チャンピオンシップはひとつだと話し始めた」

「彼は、交渉の過程で離脱すると脅迫していたチームから、支出を1990年代初期のレベルに戻すという保証をとりつけた」

「来シーズン、全チームの予算上限を約4,000万ポンド(63億1,023万円*)にするというアイデアはモズレーが提案したが、今年10月にFIA会長職から退くという計画に同意しているので、明らかに取引があったようだ」
(マックス・モズレー 「FIAとFOTAは離脱シリーズを回避する同意に達した」 : F1通信より)
ということで、FOTA側となんらかの取引があった様子です。
どのような同意になったのが非常に気になりますが、これで騒動が治まりそうでホッとしました。
ちなみに、エントリーリストは早ければ明日にでも発表されるとのこと。

マックス・モズレー 「FIAとFOTAは離脱シリーズを回避する同意に達した」 : F1通信
FIAとFOTA、F1分裂回避で合意 【 F1-Gate.com 】
Formula 1 関連ニュース: モズレー チャンピオンシップ統一を認める - GPUpdate.net Formula 1
F1分裂回避、2010年は現行規約で: FMotorsports F1
マックス・モズレー氏、次期FIA会長選挙に立候補せず: FMotorsports F1

Technoratiのタグ : , ,

コメント

このブログの人気の投稿

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて

稗田神社の鵤屋台を見てきました