[スピードカー]スピードカー、今季で終了

元F1ドライバーが多数参加し鳴り物入りでスタートしたスピードカーシリーズですが、財政難が原因で打ち切りとなるようです。
ジャック・ヴィルヌーヴやハインツ・ハラルド・フレンツェン、ジョニー・ハーバートなど、往年のF1ドライバーらが参戦するスピードカーシリーズは、ドバイのユニオン・プロパティーズが運営するサポートレースシリーズだ。
しかし、残念ながら同企業はこのプロジェクトから手を引くことになった。
「全てが終了し、私も含めて全員が立ち去ることになった」と、シリーズディレクターのクラウディオ・ベッロはオートスポーツに語った。
「もし全員がともに努力をすればスピードカーは成功を収めることができただろう。
問題は、政治と中東にモータースポーツ文化がないことだ。
中東にはシリーズが必要だと確信しているが、スピードカーがそのシリーズかどうかはわからない」
(Formula 1 関連ニュース: スピードカーシリーズ 今季限りで終了 - GPUpdate.net Formula 1より)
ということで、残念ながら終了ということです。
スピードカーは、ストックカーによるワンメイクで中東やアジアを舞台に行われてきました。
賞金総額300万ドル、チャンピオンには60万ドルという賞金も話題になりました。
片山右京曰く、
「ワンメイクと言いながら、マシンによる個体差が大きかった」
ということで、そうしたことも原因になったかも知れない。
(『スピードカー』、わずか2シーズンで打ち切りへ: FMotorsports F1より)
マシンにも問題があったのかもしれませんな。

ということで、モータースポーツを運営するというのは非常に難しいことを現しているのかもしれませんね。

スピードカー、今季限りで終了 【 F1-Gate.com 】
『スピードカー』、わずか2シーズンで打ち切りへ: FMotorsports F1
Formula 1 関連ニュース: スピードカーシリーズ 今季限りで終了 - GPUpdate.net Formula 1

Technoratiのタグ :

コメント

このブログの人気の投稿

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて

稗田神社の鵤屋台を見てきました