[F1]ミカ・ハッキネン、ドライバーのマネージメント業に挑戦

2度のF1ワールドチャンピオンであるミカ・ハッキネンがドライバーのマネージメントという新しいキャリアをスタートすることを発表しました。
ハッキネンは自身のマネージャーでもあったディディエ・コトン氏が役員を務めるアセズ・マネージメント・グループに所属、ドライバーのマネージャー業に取り組むというもの。

ハッキネンは
「これは僕にとってまったく新しい分野のプロジェクト。
僕自身のドライバーとしての経験から、マネージメントがいかに重要なものかは良く理解している。
僕はその経験を活かしながら、若いドライバーをいかに育成していくか、そのチャレンジングな仕事に今からわくわくしているよ」と、意欲をみせている。
(FMotorsports F1: ハッキネン、今度は『マネージャー業』より)
ちなみにミカ・ハッキネンが現役だったころは、ケケ・ロスベルグがマネージメントしていました。
いわずと知れた、元ワールドチャンピオンで、ニコ・ロスベルグの父親です。

ハッキネンが発掘したドライバーがF1へ参戦ってなことになれば、彼の姿をサーキットで見かけることが増えるかもしれないですねぇ。
#ハッキネンファンには堪らんでしょうなぁ(笑)

ミカ・ハッキネン、ドライバーマネイジメント業を開始 【 F1-Gate.com 】
FMotorsports F1: ハッキネン、今度は『マネージャー業』
Formula 1 関連ニュース: ハッキネン ドライバーマネージング業に挑戦 - GPUpdate.net Formula 1
F1通信:ミカ・ハッキネン、ドライバーのマネージャーに

Technoratiのタグ : ,

コメント

このブログの人気の投稿

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて

稗田神社の鵤屋台を見てきました