[F1]フランスGP、来季の開催を辞退

FFSA(フランス自動車連盟)は「経済情勢に関連する理由」により、来年6月に開催予定だったマニクールでのレースをキャンセルしました。

既にカナダが外されましたが、続いてフランスでの開催もなくなり、来季は全17戦ということになるようです。

マニクールは非常に評判が悪く、以前より開催地変更のウワサがありましたが、来季には間に合わなかったようです。

代替候補としては、ディズニーランド・パリでの開催が有力視されているようです。
ディズニーランド・パリは首都パリから車で30分ほどの場所にある。
最近、ユーロ・ディズニー社が所有する周辺の土地に、一時的なサーキットを建設するプランが浮上していることが報じられていた。

 加えてフランス紙『L’Equipe(レキップ)』は、フランス人として4度ワールドタイトルを獲得しF1チームオーナーでもあったアラン・プロストが、このプロジェクトをバックアップしていると報道。フランスGPの将来は“国家的に重要な問題”と指摘している。

またデショー会長も
「2010年にフランスGPを開催するとしたら、可能なのはディズニーランド・パリのプロジェクトだけだ」とコメント。
(F1-Live.comより)
プロストも一枚噛んでいるようですね。
フランスGPが永久に消滅するのではなく、一時的になくなるだけになりそうです。

「自動車レース発祥の地」とされるフランスでの開催がないのはなんとも奇妙な状態ですが、早急に復活して欲しいですね。

F1キンダーガーテン : フランスGP、来期の開催を辞退
FMotorsports F1: プロスト氏、「GP消滅はフランスにとって危機」
F1通信:フランスGPプロモーター、2009年のレースをキャンセル
Formula 1 関連ニュース: フランスGPもカレンダーから消滅 - GPUpdate.net Formula 1
F1 : 2010年フランスGPはディズニーランド・パリで開催? - Magny-Cours - F1-Live.com

Technoratiのタグ : , ,

コメント

このブログの人気の投稿

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて

稗田神社の鵤屋台を見てきました