[F1]FIA、フェラーリの撤退示唆に反論

フェラーリが「スタンダードエンジン採用なら撤退」を示唆した声明に対して、FIAが反論を行ったようです。

FIAはフェラーリに対して「誤解している」としつつ、次のような見解を示しました。
FIAは、
「エンジン統一化は即刻採用するというものではなく、あくまでもアイデアのうちの一つ。
他にもメーカー系チームが、非メーカー系チームにエンジンを安価で提供するという案なども出している。
今後は全チームと話し合って正しい 選択をしていくつもりで、エンジン統一がいやならば、それに代わるアイデアをチームからも提案して欲しい」としている。
(F1キンダーガーテン : FIA、フェラーリに反論より)
ただ、低姿勢のように見えるが、
「最終的に合意に至ることができなければ、FIAはF1存続のため強権を発動することにもなりかねない」
ってな感じで脅し文句とも取れる内容も。

ちなみにスタンダードエンジンの採用についてはフェラーリ、トヨタ、ホンダ、BMW、メルセデスが反対を表明しており、さすがのFIAもコレだけの相手を敵にまわした状態で導入しようとは思っていないはずです。

やっぱりこれは
「もうちょっとマトモな案をメーカー側から提示してねっていう」っていう、FIAのネタフリやと思うんやけどなぁ。

F1通信:フェラーリの撤退警告に対するFIAの反応
F1通信:フェラーリの声明に対して: FIA公式プレスリリース
FMotorsports F1: FIA、フェラーリの異論に釈明「誤解している」
Formula 1 関連ニュース: FIA フェラーリの警告に反論 - GPUpdate.net Formula 1
F1キンダーガーテン : FIA、フェラーリに反論
メルセデスもF1のエンジン統一化に異論 【 F1-Gate.com 】
F1キンダーガーテン : エンジン統一化に反対意見続々

Technoratiのタグ : ,

コメント

このブログの人気の投稿

神吉八幡神社の国恩祭に行ってきました その1

大鳥屋台新調記念 - 1 : 福田工務店にて

稗田神社の鵤屋台を見てきました